2020年06月28日

傍らでの想いとは 小説家のパートナー

前回、檀一雄のパートナーである檀ヨソ子の話をしたが、パートナー自身が語る事もある。本人が語った、小説に書いたことの裏側を知るのは、何やらちょっと悪いことをしているような、でもたまらないような気もする。
例えば、『回想の太宰治』津島美知子(講談社文庫)。太宰治(津島修治)の妻である。日頃の話である豆腐をなぜ好んだかとか、『右大臣実朝』や『惜別』の作品のエピソードなどを伺い知る事ができる。講談社文庫の少し古い版は、表紙は太宰治の油絵が載せられている。一方、心の動きが強く感じられるのは、坂口安吾の妻『クラクラ日記』坂口三千代(ちくま文庫)である。中身は時系列で記載されているとともに、坂口安吾と三千代の出来事が結構生々しく書かれている。読んでいてハラハラするのは、明らかにこちらである。表紙は横山泰三で、ちょっと年齢が上の方はリアルに見た事がある有名な漫画家であり、三千代のイメージがよく出ている。夏目漱石の妻、『漱石の思い出』夏目鏡子(角川文庫)はどちらというと夏目漱石史といった印象を受ける。夏目漱石が亡くなった時の亡くなる直前、解剖、葬儀まで克明に記載されていて夏目漱石の文学史としてとれる。解説も夏目伸六(夏目漱石の次男)が記載している。ちょっと立ち位置が違うのが、『回想 寺山修司」九条今日子(角川文庫)。1つ1つのエピソードごと、九条今日子が寺山との会話とその時の気持ちを記載している。九条今日子は元妻。本人も書いているが、微妙な関係と思われつつも、一緒に仕事をしていて、「腐れ縁」?といっていいのか、不思議な関係を感じる。今は暴露本になってしまうのだが、ちょっと前は、エピソードや1つの作品と受けいられている、これも時代の変化なのでしょうかね。

e-honホームページ
『漱石の思い出』夏目鏡子(漱石の思い出)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000019340061&Action_id=121&Sza_id=E1
『クラクラ日記』坂口三千代(ちくま文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000006399195&Action_id=121&Sza_id=C0
『回想の太宰治』津島美知子(講談社文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032022098&Action_id=121&Sza_id=E1
『回想 寺山修司』九条今日子(角川文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032914935&Action_id=121&Sza_id=G1

一部取り寄せで入手できにくい作品があります。その時には、古書店をご利用を。
posted by あた at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187643615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック