2020年06月09日

太宰の横には『不良少年とキリスト』坂口安吾(新潮文庫)

太宰治と交友をもった友人として先日は、檀一雄を紹介しましたが、
同じ交友をもったメンバーとて、織田作之助、坂口安吾がいます。
『不良少年とキリスト』では、太宰という盟友を失った坂口安吾は思いの丈を述べてます。太宰というと死の臭い、退廃的というイメージがありますが、それを否定し、よりよく生きたい、善行をしたかった筈と述べています。また、太宰が常識人だからこそ、すぐれた文学がかけると、太宰の世間的なイメージとは違う事を感情を出して、書き綴っています。
よくお笑い芸人が元々が変わっているから面白い事をするという話を聞きますが、実は多くのお笑い芸人はかなりの常識人、もしくは真面目に物事を見つめ、だからこそ、常識の「ずらし方」をしっているから面白いことがいえるとのこと。太宰もその「ずらし方」をよく分かっていたのでしょう。

安吾は、太宰が失踪してから手紙を書くのですが、その4日後、太宰の遺体が発見されるということとなり、安吾の心身を消耗していきます。

この『不良少年とキリスト』の表紙では、1枚の写真が掲載されています。撮影したのは、『日本の作家』で有名な林忠彦。同書では、太宰が撮影してもらった写真がありますが、大変酔っていたとのこと。右側に背中が映っている男性、これが安吾です。この時は織田作之助を元々撮影するために撮影に来たのですが、織田作之助は血痰のようなものを履いていて、「これは長くない、撮っておこう」と林は判断し、織田作之助を撮影、残りの撮影チャンスで撮ったのが、太宰治です。プロならではの考えと技術。この酒場の一シーンには、プロがプロを呼ぶ、ものすごく濃密な空間になっていたのではと推察されるのです。

e-honホームページ
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033924726&Action_id=121&Sza_id=B0

hontoホームページ
https://honto.jp/netstore/pd-book_29608217.html

参考にした文献の「新潮日本文学アルバム」は古書店のフェアで購入しました。
posted by あた at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187576835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック