2020年06月07日

印象違う「健康的な」『正義と微笑』(『パンドラの匣』太宰治(新潮文庫))

先日、紹介した『さよなら寺山修司追悼特別号』で、再掲されている三島由紀夫との対談(1970.7『潮』より)で、太宰治について述べられています。
三島由紀夫の自信へつながる前段で「太宰治が体操やれば思想が変わったろう」ということで今も思っているかと寺山修司が訪ねられ、三島は「いまでもそう思っている。」と答えてます。三島の「太宰嫌い」は有名です。

三島はボディビルを行い、肉体改造を行い、一方、太宰は酒とタバコ、そして薬物(これは仕方ない部分もあったのですが)に頼らざるを得ないいわば「対極の2人」です。

しかし、太宰にも健康的と思える作品はあります。その代表作のひとつが、『正義と微笑』実際の日記を元に、太宰が創作した作品で、思春期の自然な、健康的な内容です。「微笑をもて正義を為せ」は太宰には出てこなさそうな言葉。明るめの代表作では「走れメロス」や「グッドバイ」があげられますが、青春の1ページが綴られていて、太宰の印象を変えます。

一方、三島由紀夫は太宰の対極に有るように見えますが、檀一雄のエッセイ集『海の泡』の「三島由紀夫」では、学習院時代と大きく変わったことが綴られています。

三島は太宰の中に、過去の自分を見た嫌悪か、変わらなくていい太宰を羨ましくおもったのか、それとも太宰を憎む事で自分の軸を持ち続けようとしたのか、そんな単純でもないでしょうが、直接あったことが一度しかない2人がこのような状況になってしまうのか、強い光をもった2人だったからもしれません。

e-hon ホームページ
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032233005&Action_id=121&Sza_id=B0

honto ホームページ
https://honto.jp/netstore/pd-book_03112940.html

※下記古書店には、ご紹介している本があるか分かりませんが、
個人的に(あくまでも勝手に)古書店を応援させていただいてます。
在庫の有無は、必ずご確認ください。古書店さんは、一期一会です。
太田書店さん (阪急古書のまち、石橋本店、Webがあります。)
http://ota-shoten.noor.jp

今回の『海の泡』(講談社文芸文庫)はここで購入しました。
posted by あた at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187570327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック