2020年05月24日

未来を見通す力『未来のだるまちゃんへ』かこさとし(文春文庫)

かこさとしさんと言えば、『カラスのパンやさん』、『だるまちゃんとてんぐちゃん』でよく知られた絵本作家。かこさんは、2018年に逝去されますが、逝去される数年前に自叙伝が発刊されます。
この自叙伝『未来のだるまちゃんへ』は、自らの人生を振り返り、これからを生きていくこどもたち、ひいては親にメッセージを伝えます。そのメッセージでは、人類への警告も含まれてます。
つまり、人間の世の中が発達しても、人間は決しておこがましくなってはいけない、その結果、人類は滅びるのではというものです。

作品にもそのメッセージは色濃く反映されてます。
NHK教育『日曜美術館「かこさとし最期のメッセージ未来を生きる子どもたち大人たちへ」』で、かこさんが生前、作成した『宇宙進化地球生命変遷放散総合図譜(下図)』を見た生物学者の福岡さん、海洋研究開発機構の小栗さん、国立科学博物館の齋藤さんは、その下図の底にある思想に驚きを感じつつ、さらにその系譜に人類への警告を感じ取ります。

短いページ、文字が少ない絵本だからこそ、そして戦争を経験したかこさんだからこそ、その言葉、着想には重みを感じる事ができます。

語り口は静かですが、力強い、地に足がついたメッセージを、未来の「だるまちゃん」はちゃんと受け止めるか、かこさんの祈りともとれるメッセージが心にせまります。

『未来のだるまちゃんへ』かこさとし(文春文庫)
hontoホームページ:https://honto.jp/ebook/pd_28275684.html

e-honホームページ:https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033531279&Action_id=121&Sza_id=B0
posted by あた at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187523501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック