2020年08月19日

パートナーとの別れ『たとえば君 四十年の恋歌』河野裕子、永田和宏

日頃、皆さんは短歌を詠むだろうか。仕事で「昨日、いろいろあったから和歌を詠んでみたんですが」と上司にいってみても、なかなか受け取ってもらえない。心寄せる異性に「私の想いを歌に詠み込んだ。ダイレクトメッセージをみてくれ」といっても受け取る側も「分かったよ。返歌作るね♡」ということはほとんどなく、出来る人は、なかなかコアの人。短歌は受験、国語の勉強で高校でサヨナラというケースがほとんどでしょう。

その短歌をぐっと日常に引き戻した、いや日常にこそ、短歌があると思わせる本がある。これが『たとえば君 四十年の恋歌』(文春文庫)である。この本は、河野裕子、永田和宏の夫婦の共著になっている。と「なっている」というちょっと持って回った言い方をしたのは、妻の河野がこの世を去ってから出版されていたからだ。約10年前、夏の日、癌で河野はこの世を去っている。

最初は、出逢い、結婚、出産、子どもの成長、貧しい時や異動などがありながら、幸せな家庭での歌があり、
苦しい事も楽しい事もあるよねという共感がそこにはある。ところが、河野に乳癌が見つけると、事態は急変。歌も、動揺、辛さ、悲しみ、憤りなど短歌で「ハラハラ」する状況に陥る。さらに病気での体調不良、やせて行く、精神不安定など、胸が苦しくなる。それでも日常が大事、いや日常こそが大事と思う短歌、河野、永田の随筆には、淡々と書かれた内容が故に、読み手は感情を押さえる事ができない。そして、2人、家族は最後の最後、どんな気持ちで迎えたか。パートナーとの別れはやってくる、それでも。。。

この夏、たまには、短歌に触れる機会があってもいいんじゃないでしょうか。
短歌なんて受験のためだけだよね、高校の時以来、短歌なんて詠んでないよという方々、必読です。
この本に触れたら、短歌への気持ちかわりますぞ。

hontoホームページ
https://honto.jp/netstore/pd-book_26024000.html

e-honホームページ
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033029892&Action_id=121&Sza_id=C0

posted by あた at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記