2020年08月19日

パートナーとの別れ『たとえば君 四十年の恋歌』河野裕子、永田和宏

日頃、皆さんは短歌を詠むだろうか。仕事で「昨日、いろいろあったから和歌を詠んでみたんですが」と上司にいってみても、なかなか受け取ってもらえない。心寄せる異性に「私の想いを歌に詠み込んだ。ダイレクトメッセージをみてくれ」といっても受け取る側も「分かったよ。返歌作るね♡」ということはほとんどなく、出来る人は、なかなかコアの人。短歌は受験、国語の勉強で高校でサヨナラというケースがほとんどでしょう。

その短歌をぐっと日常に引き戻した、いや日常にこそ、短歌があると思わせる本がある。これが『たとえば君 四十年の恋歌』(文春文庫)である。この本は、河野裕子、永田和宏の夫婦の共著になっている。と「なっている」というちょっと持って回った言い方をしたのは、妻の河野がこの世を去ってから出版されていたからだ。約10年前、夏の日、癌で河野はこの世を去っている。

最初は、出逢い、結婚、出産、子どもの成長、貧しい時や異動などがありながら、幸せな家庭での歌があり、
苦しい事も楽しい事もあるよねという共感がそこにはある。ところが、河野に乳癌が見つけると、事態は急変。歌も、動揺、辛さ、悲しみ、憤りなど短歌で「ハラハラ」する状況に陥る。さらに病気での体調不良、やせて行く、精神不安定など、胸が苦しくなる。それでも日常が大事、いや日常こそが大事と思う短歌、河野、永田の随筆には、淡々と書かれた内容が故に、読み手は感情を押さえる事ができない。そして、2人、家族は最後の最後、どんな気持ちで迎えたか。パートナーとの別れはやってくる、それでも。。。

この夏、たまには、短歌に触れる機会があってもいいんじゃないでしょうか。
短歌なんて受験のためだけだよね、高校の時以来、短歌なんて詠んでないよという方々、必読です。
この本に触れたら、短歌への気持ちかわりますぞ。

hontoホームページ
https://honto.jp/netstore/pd-book_26024000.html

e-honホームページ
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033029892&Action_id=121&Sza_id=C0

posted by あた at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月05日

パートナーの想いとして『漱石先生がやって来た』半藤一利(ちくま文庫)

夏目漱石のパートナーとして、鏡子という妻がいますが、もう1人、人生の方向性をパートナーとして見ていた「登場人物」がいます。「猫」です。『吾輩は猫である』はご存知の通り、夏目漱石の代表作で、勤める大学教授の職で心を傷めて時に、書くように進められたのが『吾輩は猫である』です。最初に書き始め、2回、3回と書くようになって漱石も面白く「させた」、そして、人気を博した、漱石を救ったパートナーなのです。その猫の視点から漱石、家族、周りの知人の動きを描いた1つの作成が『漱石先生がやって来た』。夏目漱石の親戚である半藤一利さんの裏付けある内容と面白みのある文書で綴っており、数年前に親友子規を失い、自分の才能に不安をもち、世情では日露戦争を取り巻く環境がありながらも猫やお手伝いのおさんなど家族の目から通し、漱石の不安、理不尽さ、それに立ち向かう応援したくなるような奮闘ぶりが描かれています。
自分も含み、誰でも起きるであろう問題で、漱石でも悩んだ、漱石だから悩んだ話を見て、猫同様、漱石を応援したくなる気持ちになる1冊。猫好きは必読?かもしれません。

e-honホームページ
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033614877&Action_id=121&Sza_id=C0

hontoホームページ
https://honto.jp/netstore/pd-book_28451714.html
posted by あた at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月28日

傍らでの想いとは 小説家のパートナー

前回、檀一雄のパートナーである檀ヨソ子の話をしたが、パートナー自身が語る事もある。本人が語った、小説に書いたことの裏側を知るのは、何やらちょっと悪いことをしているような、でもたまらないような気もする。
例えば、『回想の太宰治』津島美知子(講談社文庫)。太宰治(津島修治)の妻である。日頃の話である豆腐をなぜ好んだかとか、『右大臣実朝』や『惜別』の作品のエピソードなどを伺い知る事ができる。講談社文庫の少し古い版は、表紙は太宰治の油絵が載せられている。一方、心の動きが強く感じられるのは、坂口安吾の妻『クラクラ日記』坂口三千代(ちくま文庫)である。中身は時系列で記載されているとともに、坂口安吾と三千代の出来事が結構生々しく書かれている。読んでいてハラハラするのは、明らかにこちらである。表紙は横山泰三で、ちょっと年齢が上の方はリアルに見た事がある有名な漫画家であり、三千代のイメージがよく出ている。夏目漱石の妻、『漱石の思い出』夏目鏡子(角川文庫)はどちらというと夏目漱石史といった印象を受ける。夏目漱石が亡くなった時の亡くなる直前、解剖、葬儀まで克明に記載されていて夏目漱石の文学史としてとれる。解説も夏目伸六(夏目漱石の次男)が記載している。ちょっと立ち位置が違うのが、『回想 寺山修司」九条今日子(角川文庫)。1つ1つのエピソードごと、九条今日子が寺山との会話とその時の気持ちを記載している。九条今日子は元妻。本人も書いているが、微妙な関係と思われつつも、一緒に仕事をしていて、「腐れ縁」?といっていいのか、不思議な関係を感じる。今は暴露本になってしまうのだが、ちょっと前は、エピソードや1つの作品と受けいられている、これも時代の変化なのでしょうかね。

e-honホームページ
『漱石の思い出』夏目鏡子(漱石の思い出)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000019340061&Action_id=121&Sza_id=E1
『クラクラ日記』坂口三千代(ちくま文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000006399195&Action_id=121&Sza_id=C0
『回想の太宰治』津島美知子(講談社文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032022098&Action_id=121&Sza_id=E1
『回想 寺山修司』九条今日子(角川文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032914935&Action_id=121&Sza_id=G1

一部取り寄せで入手できにくい作品があります。その時には、古書店をご利用を。
posted by あた at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介